2005年10月24日

いざ、二俣川!

俺は二俣川に向かった。

理由は学科試験を受けるためである。

しかし、昨日は終電が間に合わなかったためほとんどオールだった。

そのため調子は最悪。眠気もある。

また土日と急な予定が入り結局通して練習問題を一回やったくらいだった。

だが、今までにも何回かやっている。

その練習問題でも3、4問間違えたってとこだった。

勝負服も着ている。

絶対に負けられない戦いがそこにはある!

そして試験場に。各地から集う志士たち。

生き残れるのは何人か?

適性検査を受け試験の教室へ。

受験番号は334番だ。

いざ、勝負。



50分後、試験終了。

結果は約一時間後だという。

緊張と眠気で変な気分だ。


そしていよいよ結果発表。

自信は…ない!

だがもしかしてもある。

電光掲示板には…

334

よくやった俺!

奇跡を呼ぶ男!

その後諸所の手続きと待ち時間を経て無事免許を交付される。

長かった。

ここまでの道のりも待ち時間も。

しかしここからである。

無事故無違反のゴールドセイントを目指すのだ(笑)

俺の戦いはまだ始まったばかりだ…

とジャンプの打ち切りマンガのラストっぽく締めたところで

このカテゴリも無事終了と。

ありがとうございました。

20051024164525.jpg画像は元ネタあり(笑)


ちなみに95点でした。

余裕でもギリギリでもない普通の点数でしたね。
posted by コウ at 17:06| ムンバイ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

郷愁の教習生活。

20051009160741.jpg


教官!

僕達―

私達は―

このKDSを卒業します!

(卒業します!)


というわけでついに卒業である。

卒業式は何をするかと言うのは料金の精算や証紙の購入

アンケートの記入と試験場に持っていく書類の配布などを行う。

懐かしき教習の日々―

20051009150625.jpg何故かテレビは最新式の薄型!

思えば一ヶ月前、ビビりながらの初運転。

結局最後までビビっていたけれどその頃よりは上達した。

終わってしまうとなんとなく寂しい気持ちになる。

なんだかんだ教官の方々もいい人ばかりだった。

「ハートで教習」は伊達じゃない。

そんな教官の方々と出会えてよかったと思う。

たまに「あ!?」と思うこともあったけど(笑)

ここでの出会いと別れ、教習の日々を胸にしまい

これから長く続くであろうドライバー人生を運転していくのだ。

おっと、まだドライバーではないのだった。

二俣川での学科試験をパスして初めていっぱしのドライバーとなるのだ。

最後の学科試験、もっと頑張ろうと思う。


そんなわけでありがとうKDS!

さようならKDS!

20051009160808.jpg


では次回完結編にて。


…次回(学科試験)で終われるようもっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 16:49| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

ソツケンサンバ4(フォォォォー!)

さぁ、いよいよやって来た。

卒業検定である。

路上と左右方向転換および縦列駐車の試験だ。

路上はいつもの道のりの半分を走る(もう半分は他の受験生)というもの。

コースは南区前半と右側の方向転換を割り当てられる。

そのうち半分が自主経路試験。

自分でコースを決め自分の判断で各種行動をするというものだ。

進路変更で戸惑ってしまったりもしたがまぁ一発アウトもなくこなし交代する。

KDSに戻り今度は右方向転換の試験だ。

こっちはまぁ、上手いことできたと思う。

停車のときもう少し寄るようにと注意された。

あとは結果待ちだ…

緊張のひと時―


結果が出た。



受験番号は4番―死の番号だ…





結果は…




「今回は全員合格でした、おめでとう」




一気に緊張が解ける。

あとは卒業式を受けるだけだが今日は予定があるので後日受ける。

とりあえずよくやった俺。

あとは二俣川の試験場で学科試験を受けるのみだ。

最後の関門である。

マリオで言うところの8−4

ドラクエで言うところの竜王

スト2で言うところのベガ

北斗の拳で言うところのボルゲ(ここはラオウって行っておこうよ / 笑)


まぁそんなこんなであともう少し。

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 13:26| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

みきわめ。

今日も夜間の教習。

今日で“みきわめ”がもらえればあとは卒検だけということになる。

まずは南区の自主経路をまわる。

それから校内コース内で縦列駐車と左右それぞれの車庫入れを行う。

多少手間取るもなんとかみきわめをもらう。

残りの時間で再度復習をし終了。

検定の手続きをする。


長かった…

しかし、ここで終わったわけではない。

免許取得までの関門はあと2つ!

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 21:02| ムンバイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

暗闇(と雨)でドッキリ

本日は自主経路2時間。

大学からではギリギリの時間なので急ぐ。

南区コースと中区コースを走るのだが

夜間の教習でありしかも雨である。

見えづらいったらありゃしない。

どうも中区のコースは相性が悪いのかもしれない。

それでもなんとか終わらせ、残るは最低であと1時間である。

ちょっとだけ寂しい気持ちもありつつも

あと1回でパスできるようもっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 22:09| ムンバイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

学測、高速、効測

今日は教習生活における山場と言ってもいい日だった。

最初は路上教習。

今日から自主経路教習となる。

スタートとゴールを設定され、そこまでの道のりは自分で決めて進むというもの。

まぁいつもの道を方向指示されないで運転するというだけのこと。

それが終わり、学測というものを受ける。

95問(うち5問は1問に3つ問題がある)で90点以上合格というもの。

練習問題でもギリギリと言う感じであったが受けてみる。

結果は…


不合格!


やってしまった…

だが幸いなことにこのテストは補習を受ければOKとのこと。

その補習はもうすぐ始まるという。

さっそく受ける。内容は問題の解説だった。


午後、高速道路教習。いよいよ高速道路に乗る。

コースは磯子から高速に乗り東扇島で降り東扇島西公園まで行って戻るというもの。

今回も2人で行う。つまり行きと帰りで交代ということだ。

行きはもう一人の生徒(女の子)で帰りが俺。

ベイブリッジからの眺めは中々だった。

何回か通っているけれど大抵寝ちゃっているので改めてその眺めを味わう。

公園につき、トイレ休憩の後、いよいよ運転する番だ。

一般道と比べて停止することもなくほぼ真っ直ぐなので楽といえば楽ではあるが

やはり80キロは緊張する。比較的空いていたのが救いか。

一般道に下りた瞬間なんかホッとした。

まぁなんとか無事戻り高速教習は終了。

そして次は卒検前効果測定である。

このテストも学測と同じ形式である。

しかしこっちは不合格だと再試験なのだ。

問題の内容は同じような感じだという。

さきほどの学測のおさらいと練習問題を入念にやる。

時間が来た― いよいよ始まる。

文章をしっかりと読み時間いっぱいまで見直す。

さぁ、結果は…

100点満点中


93点。


なんとか合格


あとは技能を頑張るだけだ。

もっと頑張ろうと思う。


けど、「青信号でも右左折するときは徐行しなければならない」そうだが

実際に徐行したら怒られたぞ!

そのせいで間違えてしまった。

なので94点は取れていたはずなのだ。

チキショー


20051002142209.jpg東扇島西公園。家族連れや釣り人でにぎわう。
posted by コウ at 19:27| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

グループ教習。

今日は技能と学科がセットになっている教習を受ける。

「危険予測ディスカッション」というものである。

まず3人で南区コースを3分割し運転する。

教官はリーゼントの人(阪神ファン)

運転自体はいつも通りに運転すればいい。

左折時に大回りになってしまった以外は割と上手く出来たと思う。


次に学科、危険を予測した運転を心がけようという内容。

3人だけなので教科書を順番に読むのだがきっちり一行読まされる。

つまり

運転中は常に「今の状況から次に起こる危険を予

測」しさらに「事故を防ぐためには今、何をすべ

きか」を考えておくことが大切

です。

と、それぞれの色ごとに読むのだ。

文節とか一切関係無し!

まぁそれ以外はたいしたこともなく終わる。


次の時間の技能もグループで行う。

「坂道途中の駐車スペースへのバックでの駐車」と「ABS体験」である。

ABSとは「Antilock Brake System」の略で

コンピューター制御でタイヤのブレーキを一気に踏み込まずに

断続的に踏み込むことによりタイヤがロックされずハンドル操作ができるというものである。

これがあるときとないときの急ブレーキの違いを体験するというものである。

ガガガ!となってなんか面白い感覚だった。


さて、午前はこれで終わりだが午後は夕方からなので一度帰宅をする。


夕方に学科1時間。

ビデオはなにやら古臭いアニメだった。

また横浜市営バスが映っていた。41系統だった。


これにて学科は全て終了。

学測試験、卒検前効果測定を受けなければならない。

今から勉強しなければ。

もっと頑張ろうと思う。


20051001191606.jpgやたらディティールに凝っている。
posted by コウ at 19:29| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

肩こり。

ここんとこの不調の要因は肩こりだったらしい。

普段からPCをやったりしてさらに自動車教習。

肩酷使しまくりである。

肩を回したりマッサージをしてこりをとらないと。


そんな中、今日は路上1時間のみだった。

今日のメニューは磯子方面の工場地域の方へ行き駐停車の練習とのこと。

そして今回は生徒2人で行うのだ。

つまり自分が運転中は助手席に教官、後部座席にもう一人の生徒なのだ。

一緒に受けるのは同い年くらいの女性。

奇しくも初めて女性を乗せてのドライブである(笑)

だからといって特に何かあったわけではないけど。


長いこと教習をやっていると顔見知りというか仲良くなる人はなるみたいである。

どちらかが話し掛けたりするのだろうか?

俺もかわいい娘と仲良く教習ライフをおくりたい!

ま、話し掛けられなければ話し掛けてもたぶん変な顔されそうだけどね!

…もっと頑張ろうと思う。

いや、教習をだよ!(笑)
posted by コウ at 20:20| ムンバイ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

絶不調。

なんか今日は色々な要因が重なり全体的に不調だった。

遅刻はするし(原因は靴下)ポカは多いし。

もっと頑張ろうと思う。

ちなみに、今日はバックと縦列駐車をやった。

学科で見たビデオ(旧映像)に出ていた女の子の髪型がまた違っていた。

ショートカットだった。
posted by コウ at 21:17| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

OD式安全性テスト

まず学科は高速道路での運転について。

いずれ教習で高速を乗ることになるわけだが…不安だ。

時速50kmでもビビり気味なのに時速100kmなんて…

午前の学科が終わったあと3時間も空きがあったので廊下のイスで寝る。

午後の教習、一発目は路上。南区のコースを走る。

教官はダミ声で「ちっちきち〜」の大木こだま師匠みたいな感じだった。

続いて学科、初日に受けたOD式安全性テストに基づく運転性格について。

様々な項目があるのだが自分は真ん中から下ばかりであった。

総合的に事故を起こしやすい性格とのこと。気をつけなければ。

ビデオの中のテスト用紙の実施日は「平成6年8月10日」とあった。

11年前か…そういや出ているパソコンも古かったなぁ。

「内面に住む悪魔」みたいなものを表現した悪魔メイクには笑いそうになった。

また出演する女性は今までも見たことあったが髪型が違っていた。

最後はまた路上。夕方のため時折まぶしかった。

道路も若干混んでいた。

ただ路上を走るだけでなく経路をしっかり頭に叩き込んでおかなければならない。

検定ではそのあたりもチェック対象になる。

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 18:43| ムンバイ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

今日のテクニカAV

今日は午前中は2時間学科を受ける。

1時間目は「乗車と積載」「けん引」について。初めて受ける教官だった。

教室についているクイズのスイッチのようなものを多用していた。

本日もテクニカAVのビデオを見たのだが

乗車人数についてのところで子供の乗車人数についてのことをやったのだが

ワンボックスカーから幼稚園児30人以上出て来た。

子供だからといって乗せすぎに注意ということを説明したかったのはわかるが

かなり大げさすぎる演出だと思った。

無理矢理でも車に30人は乗らないだろ(笑)

それから出てくる女の子のブラ紐が見えるというお宝場面もある(笑)

2時間目は「交通事故のとき」と「自動車の所有者などの心得と保険制度」

ちなみに前回のも今回のも去年製作だそうな。

「自動車の所有者などの心得」のビデオはずいぶんとコミカルなタッチだった。

ソフト路線へ移行したかテクニカAV。

「保険制度」のところはドラマ仕立て。

初心運転者の青年、矢田拓也が婚約者を迎えに行く。今日は親を交えた食事会だ。

だが婚約者とその親を乗せ自宅へもう少しというところで人身事故を起こしてしまう。

彼は保険に入っていなかったので…というもの。

とりあえず演技がいちいちクサかった(笑)


午後は2時間路上だ。

昨日よりはリラックスできスピードも出せた。ただ教習の進み具合は遅い。

最後はもう1時間学科を受ける。

内容は「経路の設計」

目的地までの道のりと時間をちゃんと把握しておきましょうということなのだが

これのビデオもドラマ仕立てで進行する。

しかし見た目のファッションもさることながら

友達との会話が公衆電話なのと目的地がドリームランドなのが時代を感じる(笑)

実際に路上を走ってみた時にも思ったのだが

この道とあの道がこうつながっているのかという発見が面白かった。


帰りはけっこう凄い雨、教習中に雨に降られなかっただけよかったか。

ところで保険のところのビデオのなかのナレーションでこんなのがあった。

「運転1年生、しかし女性の扱いはベテラン

変なところでユーモアを見せなくても(笑)どうした!?テクニカAV!

あ、僕は車の扱いも女の扱いも仮免許ですけどね!

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 19:39| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

路上は戦場だった

ついに路上に出る。

緊張しながら配車を待つ。

緊張からの喉の渇きと眠気覚ましにコーヒーを飲む。

名前が呼ばれた。

まず出る前に自動車の点検をする。

ボンネットを開け、各種オイルの残量なんかを確認する。

そして前後の番号札を「仮免教習中」に変えるのだ。


さぁ、いよいよ未知の世界へ―


今回は磯子方面のコースを行く。

KDSの周りは道路工事が多く交通整理、車線変更の連続である。

いよいよ大通りだ。

校内コースや原付では30キロ程度しか出さないが、ここは路上で4輪車。

50キロという未知のスピードで行かなければならないのだ。

また、校内コースと違い臨機応変に対応することも要求される。

3、40分走らせなんとか戻る。

怖かった…

緊張で喉がカラカラだ…


昼食後再び技能。

同じコースなので先ほどよりは楽な気持ちだったがまだまだ怖い。

次の時間は本牧方面のコース。

怖さは割と減るも緊張はしっぱなし。

しかも事故に繋がりそうなポカをやらかす。


ホント路上は地獄だぜ…

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 16:56| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

ジャミー・ヤガミ

本日の教習は3時間連続の応急救護。

救急車が来るまでに応急救護をするかしないかで死亡率が違うとのこと。

起こしてしまったときはもちろん遭遇したときに出来ておかなければならない。

そこでまず最初の時間はビデオなどで応急救護の説明を受ける。

重要になってくるのが呼吸の確認と人工呼吸、心臓マッサージである。

次の時間からは実習にて学ぶ。

そこで登場するのがジャミー君である。

jamy.jpg

彼、中々の優れものできちんと空気が肺にいってないとセンサーが反応せず

ちゃんと空気がいったらセンサーが反応し音が鳴るというものなのだ。

ちなみに応急救護の簡単な流れは

まず、意識を確認。肩を叩き耳元で「大丈夫ですか?」と言う。

意識がなければ気道を確保してやり呼吸の確認をする。

呼吸がないなら人工呼吸をする。

ちなみにこういうのを使うらしい

かわいい娘でも直接唇に触れられないじゃない!

まぁそれはさておき、それでも反応なければ心臓マッサージ。

一分間に100回のペースで15回やって2回人工呼吸をする。

これを4セットやり反応を見るということらしい。

この他には止血方法を教わる。

何事も冷静に行い、周りの人にも協力してもらい、自分も遭遇したら協力をする。

これが重要とのこと。

教わったことをしっかり覚え万が一のときにでも冷静に行動できるようになりたい。

さて、明日からいよいよ路上だ。

どうなることか。

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 21:19| ムンバイ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

to be 2nd stage...

今日から第2段階…

仮免許を受取る。これでいつでも路上での教習が受けられる。

もっとも初路上は2日後だが。

今日は学科だけ。

まずは車の点検について学ぶ。

その後タイヤの取り外し方を実際に見たりやったりして学ぶ。

1つ時間を置いて次の時間は夜間や雨天時など悪条件のときの運転について。

このあたりは原付を運転しているので「そういえばそうだ」などと思うこともあり

「なるほど」と改めて実感することもありだった。

次の時間は事故について。

死亡事故の原因や時間帯、気をつけることなどを学ぶ。

このあたりは命に直結することなのでとくに注意したい。

しかしビデオの悪い運転の見本はタカハシレーシングがやってたりするのかしら?

今回のビデオではしっかりぶつかるシーンもあったし。

と、思ったら主な仕事のとこに交通安全教育ビデオとちゃんとありました。

そんなこんなで今日も終了。

第2段階ももっと頑張ろうと思う。

20050921201326.jpgなんかダサ!(笑)
posted by コウ at 20:32| ムンバイ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

仮免学科試験!

いよいよ仮免の学科試験だ。

これで仮免取得となる。

まず適性試験を受ける。

難なくパスと思いきや視力で躓く。

結局パスできたが、視力が落ちてきているのは確実だ。

以後気をつけないと…

そして学科試験50問。

時間は30分間―

試験開始!

時間いっぱいまで考え、見直す。


15分後結果発表。

自分の受験番号は5番だ。

合格者の番号のみ前に貼り出される。

結果は…

目の前にの数字があった!


合格だ!


よくやった俺!

書類を書き、明日仮免許をもらえるとのこと。

そして明日以降第2段階ということになる。

気を引き締め、もっと頑張ろうと思う。


ちなみに今回は49点だった。どこが間違えていたのだろうか…


20050920163825.jpg奇しくも勝負服となったTシャツ。
posted by コウ at 19:35| ムンバイ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

受験番号2番。

本日は修了検定。

熱は下がるもまだまだしんどい。

しかしこれ以上は延ばしたくないので栄養ドリンクを飲み検定に挑む。

まず検定の内容についてとコースの説明。

それをやったら一発アウトになるものもあるという。

自分の苦手項目のクランクでの脱輪やポールへの接触がそれに当てはまる。

最初は前の受験者の運転する車の後ろに乗る。

客観的にコースの確認が出来るが緊張は高まるばかり。

そんなこんなでいよいよ自分の番。

クランクばかりに気をとられたためかS字でポカをやらかす。

一応その後の建て直しは出来たのでアウトではなかったが。

まぁ、注意したかいがあったのかクランクはなんとかこなせた。

あとは大体できたがスピードが遅すぎると注意を受けた。

いつも以上に慎重になりすぎたからだろうか。

その後2時間ほど結果を待つ。

胸がドキドキする。

しかしこれは受かるか落ちるかのドキドキではなく単にしんどいからだった。

そしていよいよ結果発表。

結果は

「●番と△番以外は全員合格」

…なんとかパスすることができたようだ。

あとは学科をパスすれば仮免だ。

学科は2日後―

もっと頑張ろうと思う。

この2日で体力も元に戻さないとなぁ。喉もまだ痛いし。
posted by コウ at 17:23| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

伏兵 〜 ambush 〜

本日も技能2時間。

今日頑張れば“みきわめ”をもらうことができ

修了検定および仮免学科試験を受けられるようになる。


とりあえずみきわめはもらうことが出来た。

しかし結構ポカをやらかす。

出来るときと出来ないときとかなりムラがある。

検定でもポカやらかしそうで怖い。

というよりも、

ポカをやらかしたのは単にヘタレだったからだけではなかった。

体調が悪い。

喉が痛いのだ。つまり風邪なのだ。

熱は測っていない(というか測るのが怖い)がありそうだ。

検定は2日後。

なんとか治さないと。

しかし今は山を登っている最中なような気がしてならない。

でもとにかく治さなければならない。

もっと頑張ろうと思う。


「大脱走」をちゃんと見てみたかったけどまたの機会にしよう…
posted by コウ at 20:19| ムンバイ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

「運転手は常にクールじゃなきゃならねぇ」

本日も技能二時間こなす。

教官は二人とも前に習ったことがある人。

一人目の教官は最初怖そうに思えたがいい教官だった。

基本的には今までやっていたことを改めて確認というところ。

ヘタレな俺でもさすがに慣れて来たみたいで

割とスムーズにこなせるようになった。

前よりもリラックスできてる気がする。

この調子でもっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 13:03| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

御好評につき自動車教習記(AT)はまだまだ続くことが決定しました。

つまり、技能教習が規定日数内で終わりませんでした。

進み具合いがあきらかに遅かったからな。

これ以上の延長は困る。

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 11:58| ムンバイ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

俺の技能は技NO

学科は終わったので今日は技能だけ。

2時間連続でまたまた違う教官2人。

今回はバックとS字・クランクの通行。

より高度なテクニックにまたしても戸惑う。

緊張しっぱなし。

技能の進度がかなり遅い。

規定の時間では無理みたいだ。

もっと頑張ろうと思う。
posted by コウ at 17:47| ムンバイ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車教習記(AT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。